ペリオ(歯周病)

歯周病って?

歯周病ってよく聞きますよね。
一体、歯周病って何なんでしょう。
歯周病とは、口の中の最近によって引き起こされ、歯を支える組織(歯周)に起きる病気の総称です。
歯周は、歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨からなっています。
歯周病を大きく分けると、「歯肉炎」と「歯周炎」に分かれます。
歯肉の炎症が歯肉炎で、これは丁寧なブラッシングで治ります。
炎症が歯肉を超えて、歯周まで広がったものを歯周炎といい、進み度合いによって治療法が異なります。
でも、歯周病の原因って何なんでしょうか?
主な原因は、特殊な細菌によって引き起こされているとされています。
そして、この細胞を助ける役割をしているのが、プラーク(歯垢)です。
さらに、そのプラークが石灰化し、歯に固着してしまったものが、歯石です。
口腔内は、細菌の宝庫とされており、ブラッシングしても全て取り除くことは出来ません。
しっかりブラッシングすることは、大切なことですが、より重要なことはプラークや歯石を取り除き、細胞の増殖を防ぐことです。

そして、この原因と複合的に関わって、より歯周病の進行を助けるものがあります。
それは、「歯にかかる強い力」「ストレス」「タバコ」「糖尿病」などがあります。
少し意外ですよね。
歯にかかる強い力は、例えば・噛みあわせが悪い・歯ぎしり・歯の数が少ない・一定の歯しか使わない、等があげられます。
過度のストレスは、体内の免疫力を低下させます。
また糖尿病の方も、白血球の機能が低下するので、感染病などにはかかりやすくなります。
免疫力が低下すると、口腔内の細菌は繁殖しやすくなりますので、歯周病になりやすく、さらに重病化すしやすいといわれています。
タバコは、「タバコと歯周病」のページでも説明しますが、免疫力が低下するのと、血のめぐりが悪くなることから、歯周病になりやすい口腔となります。

原因を突き止め、丁寧なブラッシングや治療法で、歯周病を撃退しましょう!!