ペリオ(歯周病)

歯周病とタバコ

タバコは、肺への影響をよく取り上げられますが、実は口腔内にも多大な影響を及ぼします。
口腔ガンという病気を聞いたことはありますか?
ガンという名が付いている通り、ガン細胞が舌、歯肉、口底、頬粘膜などに発症します。
そして、歯周病にも多大な影響を及ぼします!

歯の表面にヤニが付くというのは、タバコを吸われたことがある方なら皆さん思い浮かぶと思います。
このヤニは、茶色や黒といった色が付着するので、歯石が目で確認しにくくなります。
さらに進行し、歯肉炎になっても、歯ぐきに色が付着していたら、腫れを確認しづらくなります。
当然、目に見えないからといって放ったらかしにすると、歯周病になる可能性は高くなります。

視覚的観点からだけでなく、実際に歯槽骨を溶かす要素も持っているので、進行の度合いが格段に上がったり、発ガン物質による免疫力の低下で、歯周病が発症しやすくなります。

何事においても、タバコはよくないってことかもしれないですね・・・。