インプラント

インプラントとは?

インプラント治療とは、歯の抜けてしまったところにインプラント(人工歯根)を植え込んで、人工の歯を取り付ける治療です。
アゴの骨とインプラント(人工歯根)を結合させた後に人工の歯を装着するので、自然歯と同じように物を咬むことができます。

また、歯の色や形も最新の歯科技術により、自分の歯と同じようにつくることが可能です。
さらに、インプラントはしっかりアフターケアすることにより、半永久的に“自分の歯”を手に入れることができることから、永久歯に続く“第3の歯”といわれています。

従来の治療法との比較

入れ歯(部分義歯)

ほとんどの歯科医院で、保険による治療が受けられます。
健康な歯にバネをかけ、入れ歯を固定するため、健康な歯にまで負担をかけます。
違和感もありますし、金属部分が見えるため、見た目上あまりよくありません。
また、天然歯に比べると、強く咬むことができません。
   



ブリッジ

固定されているので違和感が少なく、保険による治療が受けられます。 (使用する材料によっては自費になります。)
健康な両隣の歯を削り固定するため、両隣の歯に負担がかかります。
     




インプラント

骨と結合するため、しっかり咬みしめる事ができ、違和感もありません。
残りの健康な歯を削る心配もありません。
天然の歯と同じようにしっかりと固定されているので、審美的にも優れています。
しかし、外科的手術が必要となり、治療費はすべて自己負担となります。