インプラント

難症例インプラント手術

インプラント手術が困難な方に適用する手術(別途費用がかかります。)
(骨がすくなくて他の医院で手術ができないといわれたときなど)


ラテラルウィンドウテクニック(上顎洞底挙上術)

上顎の歯槽骨の上部(頬骨の奥)には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞があり、鼻腔へとつながっています。この空洞は様々な要因がきっかけとなり、拡大する傾向を持っています。




オステオトームテクニック

ラテラルウィンドウテクニックと同様に、上顎洞の底部分を押し上げる方法です。
インプラントを植立する上顎洞の下の骨が薄い場合は、専用の器具(オステオトーム)で、上顎洞内に押し上げます。



GBR

GBR(Guided Bone Regeneration=骨再生誘導療法)は骨が薄くなってしまった場合、骨の再生を促す特殊な膜を入れます。破壊されてしまった歯槽骨は徐々に再生されてきます。



サイドダイレーティング(歯槽堤拡大術)

歯は抜けると歯槽骨が萎縮して薄くなってしまう場合があります。中には骨の幅が4mmくらいまで薄くなってしまうこともあります。 インプラントの直径が4mm前後ですので、これではインプラントは顎の骨に収まりきれません。そんな時、行う治療が歯槽堤拡大術です。


スプリットクレスト(歯槽堤分割術)

歯槽骨が吸収を起こし、インプラントを入れるための骨幅が不足している場合に 行う治療方法です。骨頂から器具を入れ、骨を二分割し、そこにインプラントを埋め込みます