インプラント

インプラントの治療法

自分の歯を失い、取り外し式の入れ歯にしなければならない。
こんな時、誰もが強い抵抗感を持つはずです。
実際、以前の自分の歯と同じ様な噛みごたえを得らないと悩みを持った患者さんが、来院されることも多々あります。
そんな方々も含め、ぜひ考えていただきたいのがインプラント治療です。
インプラント治療といえば、大きな手術が必要と思われがちですが、手術自体は簡単なものです。
手術は2回に分けて行われます。
1次手術は、人工の歯根を顎骨に埋め込み、骨とその人工歯根が結合(通常3〜6か月)するのを待ちます。
2次手術では、人工歯根に歯冠を接続させます。
噛み合わせ等も十分に計算されており、まるで自分の歯を取り戻したかのように感じます。
何よりも取り外し式の入れ歯というコンプレックスもなく毎日を過ごすことができます。
現在、手術の成功率は95%以上で、多くの患者さんがインプラント治療を受けています。


診査、術前検査、カウンセリングほとんどの歯科医院で、保険による治療が受けられます。
健康な歯にバネをかけ、入れ歯を固定するため、健康な歯にまで負担をかけます。
違和感もありますし、金属部分が見えるため、見た目上あまりよくありません。
また、天然歯に比べると、強く咬むことができません。
初期治療 検査の結果、虫歯、歯周病などの問題があれば、先にその治療を行います。
インプラントを入れるためには、お口の健康な状態でなければなりません。
インプラント治療 まず、土台となるインプラントを埋め込みます。 抜歯のときと同じ程度の麻酔を行います。
術中の痛みは、ほとんどありません。
その後はインプラントが骨に固定されるのを待ちます。
期間は、3〜6ヶ月くらいですが、その間しっかりとケアを行い、健康な状態を保ちます。
かぶせ物の装着 土台が固定されたら、その上にかぶせ物をします。
咬みあわせをしっかり調節し、自然の歯と同じように強く噛み締められるようにします。
メンテナンス検査インプラント治療後は、定期健診にお越しいただきます。
基本的に3ヶ月に1回、メンテナンスを行います。
ご自宅でのブラッシングと歯科医院でのメンテナンスを平行して行っていただきます。